女医

PLDDは効果テキメン|痛みを解く治療法

病院で治療しよう

病室

いろいろな原因によって腎臓の働きが低下した時に、人工的に血液のろ過を行い尿毒素を取り除く療法のことを透析療法といいます。こちらの世田谷区にある病院なら、いろいろなサービスを準備していますので、ストレスを感じることなく安心快適に透析療法を続けられるのではないでしょうか。

詳細を読む

再発することも多い難病

病院

潰瘍性大腸炎は、いわゆる難病に指定されており治癒が難しい病気だと言われています。症状は下痢や腹痛ですが、ひどくなると社会生活が困難になるほどひどい下痢に襲われます。大腸の粘膜に炎症で起こりますが、原因ははっきりと特定されていません。薬物療法を行い、効果がなければ手術を行います。

詳細を読む

肺に発生する癌

患者

高齢男性の発症が最も多い、肺に発生する癌を総称して「肺がん」と言います。咳や痰が長く続く場合には、肺がんの可能性が高い為、早期に内科で検査を行いましょう。肺がんの治療法は癌の進行度や症状によって、抗がん薬を用いた化学療法、放射線治療、そして外科手術が選択されるのが基本です。

詳細を読む

薬が効かないのであれば

医師

薬で痛みと炎症を抑える

椎間板ヘルニアの治療法はいくつかあります。そもそも本当に手術が必要かどうかも諸説あります。手術をせず、椎間板ヘルニアを放置しておいても数年後には治っていたと言う人もいます。しかし、放置しておいてどうして治癒するのかというメカニズムはまだ解明されていません。又、必ずしも放置しておいて治ると言うものでもありません。逆に、手術が必要な場合もあります。尿失禁や筋肉麻痺などがある場合は手術をすることを勧められます。それ以外の場合はまずは痛みを取り炎症を抑える薬を使い治療します。しかし薬物療法は、椎間板を元の位置に戻す効果はなくあくまで対処療法です。しかし炎症を抑えることで治癒につながると考えられます。この薬物療法を試してみても効果が得られない場合、PLDDという方法があります。

数十分のレーザー照射だけ

PLDDとは、椎間板の中にレーザーファイバーを刺し髄核にレーザーを照射し髄液を蒸発させる方法です。髄液が蒸発してしまえば、脊柱管の圧迫が緩和され痛みが和らぎます。椎間板ヘルニアの手術をすると数週間の入院とリハビリが必要になりますが、PLDDは数十分レーザー照射するだけですから1泊2日の入院で済みます。場合によっては日帰りも可能です。傷口も針穴だけですので、ほとんど目立ちせん。PLDDは、椎間板の位置を元に戻す訳ではないのですが、神経の圧迫を軽減できることから薬物療法よりも効果が出やすいようです。治療費ですが、保険適用外になりますので高額になります。50万円前後が相場のようです。クレジットカード払いや分割払いが可能な病院もあるようです。